So-net無料ブログ作成
検索選択

高岡早紀が「今世紀最大の濡れ場」を解禁!! 全身整形美女の情念演じる- [映画]

高岡早紀が「今世紀最大の濡れ場」を解禁!! 全身整形美女の情念演じる-

2004年、布袋寅泰(50)とのW不倫が原因で保阪尚希(44)と離婚し、
その後も松尾スズキ(49)、中村獅童(40)、市川海老蔵(34)、堤真一(48)ら
数々の俳優・演出家たちと浮名を流すなどすっかり“魔性の女”のイメージが
定着した高岡早紀(39)。

一昨年9月には、内縁の夫であるA氏の子どもを未婚のまま出産。

しかしそのA氏は事業に失敗し、借金を抱えて高岡ら家族の前から姿を消してしまった。

このトラブルのみならず、高岡の母が経営していた会社も破産してしまい、
彼女は女手ひとつで生まれたばかりの第三子と長男次男、
そして実母を抱え奮闘せざるをえない状況に追い込まれたのである。

高岡の女優としての評価は高いが、それ以上に、
95年出版のヘアヌード写真集『one, two, three』(ぶんか社)で
披露した豊満な裸体と、
今なお衰えるどころか増大している色気は他に
類を見ないとして各業界からラブコールが殺到。

特に、芸能人AVの好調な売れ行きに気を良くしているAVメーカーからは、
莫大な契約金が提示されたともいう。

だが高岡はやすやすと肉体を売ることなく、
従来通りの“女優”として家族のために稼いでいる。

彼女の今年の出演作品は非常に多く、ドラマだけで11本、
年末まで含めると公開される出演映画は3本で、
夏には舞台『ウサニ』にも出演。

来年頭には同じく演劇版の『阿修羅の如く』にも出演決定している。

彼女が第三子を出産したのは10年9月のこと。

つまり彼女は産後わずか2年の間にこれほど精力的に女優仕事をこなし、
失踪した夫の代わりに家族を支えてきたのだ。

あっぱれの女傑ぶりだが、そんな彼女が、ついに来年夏公開の主演映画で、
フルヌード濡れ場を披露してくれるという。

原作は人気作家・百田尚樹氏の小説『モンスター』(幻冬舎)で、
発売中の「週刊ポスト」(小学館)によれば、高岡はこの作品で、
21世紀に入ってから封印してきたバストトップを解禁したようだ。

この作品の映画化はまだ公式発表されていないものの、
原作者の百田氏が今年9月にTwitterで「拙著『モンスター』の
映画化が実現濃厚になって来た。
先日、プロデューサーとお会いし、いろいろと話した。
衝撃的な映画になりそうだ。」と明かしているほか、
現在書店に並んでいる同作文庫版の帯には
「映画化決定!」と躍っている。

同作で彼女が演じる主人公・未帆は、
生まれたままの顔が畸形的なまでに醜く、
周囲からバケモノ呼ばわりされていた女性。

しかしある日、事件を起こした彼女は追われるように東京へ移り住み、
風俗で金を稼いで全身整形手術を施す。

そして町中の男を虜にする絶世の美女に生まれ変わった彼女は、
かつて自分を虐げた街に戻り、瀟洒なレストランを経営するようになるのだが……。

この映画中で、高岡の濡れ場は3回ほどあると見込まれている。

あまりの過激さに、劇場公開では“お蔵入り”してしまうカットもあるため、
その未公開映像はDVD特典とするようだ。

そのため、DVD発売の権利をめぐっていくつもの
メーカーがせめぎ合っているほどだという。

そこには通常のソフト販売メーカーだけでなく、
大手AVメーカーが二社も参戦しているというのだが……。

「彼女をAVに引っ張れなかったものだから、
この作品だけは両社ともなんとしても自分のところでソフト化したいはずです。

デビューAVが20万本を売り上げた小向美奈子の場合は、
その後の主演映画『花と蛇3』をめぐって、本編とは別に、
荒縄調教などのシーンだけを集め、
メイキング映像とインタビュー集としてDVD発売しましたし、
高岡の場合も、本編とそれ以外とで2本の映像ソフトを制作することで
手打ちにする可能性がありますね。

今話題の壇蜜も、映画『私の奴隷になりなさい』の公開と並行して
撮影現場に密着したメイキングDVDが発売になりましたし、
同時に写真集もリリース。

劇場公開よりソフト販売で制作費回収という最近の流れを如実に表していますね。

高岡も、映画公開時期にあわせて、
メイキングDVDとヘアヌード写真集発売という
“三点攻め”を仕掛けてくるかもしれません」
(業界関係者)

90年代に公開した若い肢体とは一味も二味も違う、
フェロモン満載の「39歳の高岡早紀」をあらゆる角度から拝むことができそうだ。
メンズサイゾー(2012年11月12日14時00分)

http://news.infoseek.co.jp/article/menscyzo_20121112_122041


映画「任侠ヘルパー」<草なぎ剛>介護実習に参加 講師から「転職して」とラブコールも  [映画]

<草なぎ剛>介護実習に参加 講師から「転職して」とラブコールも
まんたんウェブ 11月11日(日)14時54分配信


人気グループ「SMAP」の草なぎ剛さんが「介護の日」の11日、
主演映画「任侠ヘルパー」のプロモーションのため、
共演の夏帆さんらと世田谷福祉専門学校(東京都世田谷区)を訪れ、
介護ヘルパーを目指す生徒たちとの交流イベントに参加した。

劇中で老人介護に奮闘する役を演じる草なぎさんは、
実際に介護実習に参加し、被介護者の着替えとベッドから
車椅子への移乗の介助を体験。

実習後に「基本的なことなんですけど、ものすごく大事なことが勉強できた。
(作品の中で)着替えの介助のシーンはなかったので、
今後取り入れられそう」と感想を口にした。

介護実習には夏帆さんと同作に出演する風間俊介さんも参加。
夏帆さんは「相手が“人”なので緊張しました。
思いやりとか、人と人なので、
意思の疎通とか気持ちのキャッチボールが大事なんだなと思いました」とコメント。

3人は実習を指導した同学校の三木真生子先生から、
「声かけとか丁寧だったのがとてもよかった。

ぜひ介護業界に転職してほしい」とラブコールを送られていた。

任侠ヘルパーは、草なぎさん演じる極道者・翼彦一が素性を隠して
老人介護をするというストーリーで、09年7月に連続ドラマ、
11年1月にスペシャル版として放送された。

映画は17日公開で、ドラマでは描ききれなかった劣悪な
介護施設や悪徳な貧困ビジネスの実態などの介護問題に切り込んでいく。

同イベントで約50人の生徒たちと交流した草なぎさんは、
「皆さんが生き生きとされていて、
これからの介護を引っ張ってくれる方だと思ったので、
頑張ってほしい。

僕らも頑張ります」と生徒にエールを送った。(毎日新聞デジタル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121111-00200014-mantan-ent



「あなたへ」高倉健、たけし発“高倉伝説”釈明「全部たけちゃんの作り話」 [映画]

高倉健、たけし発“高倉伝説”釈明「全部たけちゃんの作り話」-

俳優・高倉健(81)の6年ぶり主演映画『あなたへ』(降旗康男監督)の
完成披露試写会が21日、都内であり、高倉をはじめ共演の田中裕子、
草なぎ剛、綾瀬はるか、長塚京三、ビートたけしが舞台あいさつを行った。

たけしが「冬の現場でもストーブに当たらない」
「イスに座らない」と毒舌交じりに“高倉伝説”を明かすと場内は爆笑。

これに対し高倉は「全部たけちゃんの作り話。迷惑してます」と
渋い口調で淡々と釈明してみせ、さらに場を沸かせた。

約3000人の観客がオールスタンディングで迎えるなか、
会場に敷かれたレッドカーペットを歩いた高倉は
「こんなに集まっていただき、感動してます」と感慨深げ。

今作が20本目のタッグとなる降旗監督の作品に出演し
「一生懸命やりました。監督がどんなメッセージを込めたかが、
最近になってわかってきた情けない俳優です。
お楽しみいただけたら」と謙虚な姿勢で観客に投げかけた。

高倉とは1985年公開の『夜叉』以来の共演となったたけしは
「オープニングを大げさにやって、客はタダでいいのか!?
私の映画なら破産してる」と嘆き節。
さらに「『夜叉』の時、健さんはみんなが働いてる時にストーブに当たれないと言って、
結局みんなストーブに当たれなかった。
お願いですから帰って下さいと思った」と過去の逸話を明かしてしたり顔に。

田中とたけしをのぞくキャストは、高倉とは今回が初共演。

草なぎは「このステージに立てるなんて。
人間、緊張し過ぎると緊張しないもんで、嬉しさが勝ってる」と
喜びを爆発させ、長塚は「高倉さん、オフの日にわざわざ僕たちの
(収録)最終日に来てくださって、花束を頂いた」と
大御所俳優の気遣いに感謝していた。
ORICON STYLE(2012年8月21日19時47分)


映画『あなたへ』は8月25日(土)より公開。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

高倉健インタビュー 5年断り続けた出演依頼 「あなたへ」 [映画]

5年断り続けた出演依頼…高倉健インタビュー 
主演映画「あなたへ」(降旗康男監督、25日公開)で6年ぶりにスクリーンに
戻ってきた俳優・高倉健(81)が、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。

今作が205本目の映画となるが、56年に及ぶ俳優生活で
これほど作品の間隔が空いたことはない。

人生だけでなく、俳優としても佳境に入ったが、
出演依頼を断り続けたこの約5年間、
高倉が考えていたことは一体何だったのか。

日本のトップ俳優として孤高に生きてきた者が、
いま強く思うのは「誇りと反省」だという。

「あなたへ」の製作が発表されたのは、ちょうど1年前の8月。

ほどなくして、ある子供向け新聞で「高倉健てどんな人?」という特集が組まれていた。

“健さん”を知らない世代がいる。寂しさと憤りの入り交じった感情を覚えた。
取材前、この記事に正直、驚いたことを本人に伝えた。

「5年間も(映画を)やってなければ僕を知らなくて当然なんですよね。

それを怒ったりしちゃダメなんだよね。

だって相手は子どもなんですから。
それが若さだってことだよね。

そういう人たちが、時代を変えていくようになるわけだから。
それを、僕は恐れはしませんけれど」

こちらを優しく諭すような口調でインタビューは始まった。

「なぜこんなに間隔が空いたのかっていうことをいろんな人に聞かれますよ。

自分でも本当のところ、漠然としていてまだよく分かりません。

俳優って野球に例えればバッターですからね。
野球を知らないやつが言うのは間違っているのかもしれないけれど、
打席に立たなければ、一塁にも二塁にも進めないわけだから」

マリナーズからニューヨーク・ヤンキースに移籍した
イチロー選手のことを聞いてみた。

年齢的にいえばプロ野球選手として佳境に差し掛かっている。

「俳優の仕事も野球選手と同じじゃないですかね。
走ってなきゃ、忘れられる。誰もが憧れるヤンキースに行ったんだから。
そりゃあ、イチローさんは男っぽい。
メジャーの一番のひのき舞台。最高の戦いの場を
選んだってことだもんね。拍手を送りますよ」

実は数年前、2人が対談する企画があったという。
しかし、高倉は「野球の詳しい話ができないから申し訳ない」と
いうことで実現には至らなかった。

「イチローさんの話ではね、それもかなり前にハワイにCM撮りに
行ったときに仲良くなったコーディネーターが
『鈴木一朗って人は偉いですよ』と話していてね。

どうして?って聞いたら彼はハワイに来たとき
『英語圏で生まれた人で日本語のできる人についてもらいたい。
それで英語を覚えたい』と。ずいぶん早い段階からメジャーを意識していたんだね」

冷静に自分の人生を見据えていた点で忘れられない
エピソードとして記憶に残っている。ロンドン五輪にも触れた。

「う~ん。柔道ではジュリーに言われて判定が変わったよね。

ああいうのを見てるとひどいって思う。みんな、
一生かけて戦ってるわけでしょ? 
何とも切ないなって思えてきてね」

メダル獲得で歓喜に包まれるときも、
選手たちのこれからを気に掛けてしまうという。

自らの肉体をもって人を感動させ、魅了する。
瞬く間の技を、永遠の記憶にする。

「はかなさと切なさ」の中に身を置く俳優とアスリートに重なるところは多い。

5年間のブランクはこの間、来た仕事を断り続けたことを意味する。

「ええ。この間、全部断りましたからね。

多くの人から、僕が威張って『バーン!』と
断っているように思われがちなんですけど(苦笑)。

一番しんどいのは『断る』ってことなんですね。

これほど、胸が痛むことはないんです。

明日の保証がない世界でのチャンスですから。

『やりませんか?』と言われて初めて成立する。
『これやります。この役は僕しかいません』は成立しませんから」

ご指名の大仕事を断るたび、自問自答を繰り返す。
それらを続ける中で“あること”を思うようになっていた。

「こういう話は、どこかいやらしいと思うからしないんだけど。

出演の話がきてお断りしますよね? 

その後、だいたい3か月から半年くらいで違う人に決まっている。

そして誰々が演じているのを見る。仮に僕がやっていれば
僕が出てお金をもらっていたわけでしょ? 

ちょっとあんまり、これって平等じゃないな、
本当に平等じゃないなって。そんな訳の分かんないことも
ずっと思ったりしたわけですよね」

高倉のいう「平等」とは、
自分が他の俳優のチャンスを奪っているのではないか、
という自責の念にも近いものだ。

傍(はた)から見れば、かたくなに映画から離れていた。

別れを慈しむようにして撮り終えた日中合作の
前作「単騎、千里を走る。」の公開時、すでに74歳。

俳優生活の佳境に入っている。
残された人生を思えば、
生き急ぐように動きたくなるのが
人間かもしれない。なのに、あらゆる仕事を遠ざけた。

「でも考える中で、やっぱり映画には人を変えるって力があるなって思うんですよ。
僕は中学2年で終戦を迎え、ハリウッド映画が与えた鮮烈さを今も覚えているし、
外国に憧れて10代のときに密航を企てたくらいだから」

いくつかの中国での特別な体験は、日本で気づかなかった自身の俳優
としての使命を見つめ直す機会にもなった。

「単騎―」以前から、高倉は中国でも大スターだ。

主演作「君よ憤怒の河を渉れ」(佐藤純彌監督)が
「追捕」のタイトルで文化大革命後、
最初の外国語映画として公開(1979年)されたことも大きい。

「中国に行けばね、本当に、俺のことをどうして
こんな隅々の田舎の人たちまでが知ってくれているのかびっくりする。

『あー!』って指さして驚いてね。
そしてみんな目を真っ赤にして泣いている。

映画は人にこんなにも影響を与えるものなのか。
映画のすごさって何だろう。
改めて、そんなことを5年間ずっと考えてたように思うんですよね」

「あなたへ」で高倉が演じたのは、妻を亡くした刑務官。
今作で20本目のコンビとなる降旗監督がメガホンを執った。

「今回やってみようと思ったのも、やっぱり降旗監督の存在ですね。
この監督となら仕事をしたいと思わせる人は、
そういませんよ。出来上がったものを見たのは、
まだ1度だけど映画に不思議なメッセージがあった。
これは監督の力ですよ」

スクリーンの中の自分を見るとき「全くの別の人」として
完全に客観的に見ることができるという。

今回、意識的に若いスタッフと一緒に仕事がしたい旨を始めに伝えていた。

「そう言ったら監督は驚いた顔してましたけどね。
そりゃやり付けた人とやる方が楽ですよ。
こういうことが起きると(高倉は)怒るぞとか、
突然来なくなるぞ、とかね。
何度もやってる人は僕のクセも知ってるし。
そう考えれば(古巣の)東映でやってるのが一番楽なんですよ。
古い人は親より僕のこと知ってるから。
でもああいう監督が日本にいらっしゃることを、
若い人たちにどうしても知らせたい思いが僕の中にあって」

映画の中で、受刑者が並んで
「右、左、左、右」と号令を掛けながら歩くシーンが
冒頭と後半の2度出てくる。

「そのとき横にいてゾクゾクッときたんですね。
監督に『どうしてあれを言わせたの?』って聞いたら
『えー?』とか言って教えてくれなかった。
後になって『若いときは右とか左とかにこだわってたのが、
ある年齢になったら、そんなのいいじゃないか。
そういう年齢になったのかな、主人公が。フフフ』って
ごまかしてましたけど。

あの人の心境がそういうことなんでしょう」

映画の主人公は妻の遺言に従い、故郷の海に散骨する旅に出る。

遺骨にまつわる話では高倉自身、両親の死に目には会っていない。
自著「南極のペンギン」でも触れているが、
母の葬儀には「あ・うん」の撮影で間に合わなかった。

1週間遅れて仏壇の母の骨箱と対面。

悲しみ、別れたくない衝動に駆られ
「骨をバリバリかじってしまった。
妹たちは僕の頭がおかしくなったと思ったのか
『お兄さん、やめてッ』と悲鳴を上げた」とある。

今回の散骨シーンで、もしかしたらそんな感情に襲われるかもしれない、
と美術スタッフに頼んでこっそり食べられる骨も準備されていた。

船上で海を見渡し、役に集中すると海面に吸い込まれるように
散骨の方を選んでいた。

「200何本出ているとか言われても、
実際にやってみないと分からないことが多いんですよ。
役を演じていて、ある時、突然、何かね、
不思議なエネルギーが『バーッ!』と
湧き出して違うものに変わっていく。

そんな瞬間というものがあるんですよね」

自ら役者を志願したのでなく、スカウトされて始まった俳優人生。

それが20代でスターの地位を不動のものとし、
最後の映画スターとまで言われる。

俳優として、いかに必要とされているのかを知る目安に
ギャランティー(出演料)がある。

高倉はその頂点に立つとされる。

「日本人の俳優にそれがどこまで可能なのか、
記録を作りたいと思ってきたところもあります。
単純にみれば短い時間でいかに高いギャランティーか。
効率ということになる。
でも、いつも最終的にそれらに関係なく出たいと思えるかどうかなんですよね」

56年の歳月を経た高倉健と本名・小田剛一は今、
どんな関係にあるのだろう。

「本名から見た高倉健。う~ん、これが自分でもよく分からないんですよね。
あまりにも一緒に暮らしてきたからね。
半分、いや7割、いや8割が高倉健で、
2割が小田剛一ですかね。
僕は映画だけ見てもらえれば、普段は見られたくないってのが、とても強い。
見られないところばかりウロウロする生活をしてきましたからね」

手元にある紙をしばらく見つめ、こう話した。

「ここに自分で『誇りと反省』って書いてますよ。
8割高倉健の自分に反省しているところもある。

『そんな人生でお前、本当に良かったのか?』ってね」

この作品の撮影最終日を、偶然にも出身の福岡県で迎えた。
俳優になったとき、厳格な父は喜ぶどころか「縁を切る。
勘当だ。帰ってくるな」と突き放した。

そして親兄弟の死に目に会えなかったときには、周囲に「こんな不幸はない」と
責め立てられた。

高倉に「あなたに褒められたくて」という随筆があるのは有名だが、
題にあるあなたとは母のこと。

「もうおふくろが死んでから、誰も褒めてくれる人、いないからね。
自分でここまでよくやってきたな、と思う一方で『もしかしたら、
一番大事なものを取っ換えっこで失ってしまったのかな』って反省するんですよ」

まだ明確な答えが見つからないまま、数えきれないくらい繰り返したであろう自問と自答。

反抗心だけで何十年もやってきた、というのは、自分が楽しんでないってことでしょ。

それってどこか不幸なのかなとも思う。

仕事を断りながら、苦しんでいるなんてね。
そんなことをいろいろ考えてたと思います。
この5年間。でも、もうちょっと、もう少ししたら答えが見つかる気がします。

その答えは映画の中で出さなきゃいけない。
それが使命じゃないのかなって今強く思っているんです」

◆高倉 健(たかくら・けん)本名・小田剛一。1931年2月16日、福岡・中間市生まれ。
81歳。56年映画「電光空手打ち」で主演デビュー。
東映時代の「網走番外地」「日本侠客伝」「昭和残侠伝」はいずれもシリーズ化され大ヒット。
江利チエミさんと59年結婚し、71年離婚。
代表作は「新幹線大爆破」「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」「南極物語」
「鉄道員(ぽっぽや)」など。日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、
モントリオール世界映画祭など主演男優賞多数。
2006年映画俳優として初めて文化功労者に選ばれた。

◆あなたへ 
富山の刑務所の指導技官・倉島英二(高倉健)のもとに、
亡き妻・洋子(田中裕子)が「故郷の海を訪れ、散骨してほしい」と
記していた手紙が届く。
その真意を知るため、英二は自家製キャンピングカーで妻の故郷に向かう。
しかし一人旅のはずが道中、思わぬ出会いと別れがあった。
共演はビートたけし、佐藤浩市、草ナギ剛、余貴美子、
綾瀬はるか、三浦貴大、大滝秀治ら。
スポーツ報知 8月19日(日)12時22分配信